FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2018.01.15 (Mon)

【チークBEST10 (ロック・ポップス編) 】

1970年代~1980年代のロック・ポップス界には
うっとりするようなメロディーのバラードがたくさんありました。

当時のDISCOでは、21時頃になると「チークタイム」という時間があり、
このようなロマンチックな曲を2-3曲流していました。

More・・・

チークタイムの後、フロアは再びきらびやかな照明になり、
DISCOの曲に戻ります。

●「メリー・ジェーン」(1976) by つのだひろ


●「Biggest Part Of Me」(1980) by Ambrosia


●「Sailing」(1980) by Christopher Cross


●「Reality」(1980) by Richard Sanderson


●「Take It On The Run」(1981) by REO Speedwagon


●「For Your Eyes Only」(1981) by Sheena Easton


●「Who's Crying Now」(1981) by Journey


●「Hard to Say I'm Sorry」(1982) by Chicago


●「True」(1983) by Spandau Ballet


●「Africa」(1984) by Toto


●「Take My Breath Away」(1986) by Berlin


関連記事

テーマ : 80年代洋楽 - ジャンル : 音楽

22:06  |  ザ・ベストテン  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |